旅行・地域

2013年5月 4日 (土)

【旅】世界遺産を巡る旅③ 金閣寺・龍安寺・仁和寺

世界遺産を巡る旅の三日目は、金閣寺から龍安寺、仁和寺という定番ルートを巡ります。

ところが、GWということもあって、金閣寺を目指す人は相当多いようで、金閣寺行きのバスは、途中のバス停では乗れない人が出るほど。そこで、比較的空いている系統のバスに乗り、千本今出川で下車。千本釈迦堂、北野天満宮、北野神社を回った後、金閣寺へ。

Img_89511 入口には、世界遺産の石碑があります。
金閣寺訪問は3回目になりますが、世界遺産に登録される前だったので、これは初めて見ることになります。

拝観券売り場にも行列ができるほどの人出です。ここの拝観券はお札を模したものになっています。

Img_89561 Img_89601 もう説明不要ですね。どこから見ても絵になります。ただ、撮影スポットには多くの人がいて、写真を撮るのも一苦労でした。

金閣寺にはこんな所もあります。

Img_89761 白蛇の塚です。中央にある容器にお賽銭を投げるのですが、なかなか入らないようで、まわりには数多くの硬貨が。投げている人の手が写ってしまいましたが、この人は入るまで投げるそうです。

Img_89801 最後に石不動明王に参拝するようになっています。

さて、金閣寺前のバス停に行ってみると、大行列。皆さん龍安寺を目指しているのですが、周辺道路が大変な渋滞でなかなかバスが来ません。歩くには少し遠いのですが、結果的には歩いた方が早かったようです。

Img_89831_2 龍安寺に到着。

龍安寺は、過去に二度火災に見舞われており、1797年に火災で焼失した際、西源院の方丈を移築しましたが、この方丈の前庭が枯山水の石庭として有名で、この石庭があるからこそ世界遺産に登録されたと言ってもいいでしょう。

Img_89971 写真で見た時は、石庭は広いのかと思っていましたが、意外と狭く、このように参拝客は腰かけてゆっくりと鑑賞できるようになっています。

Img_89911 何やら意味ありげに置かれた石ですが、この意味は謎のままで、見る人の自由な解釈に委ねられているそうです。

Img_89901 ここは建物内も撮影可。

Img_90081 その後は、鏡容池と呼ばれる広大な池をぐるりと一周するコースになっています。

さて、龍安寺を出ると、バス停にはたくさんの人が並んでいます。時間はすでに午後3時を回っており、仁和寺までは歩いた方が早いと思い、歩くことにします。

Img_90141 仁和寺に到着。途中、バスはやって来なかったので、歩いたのは正解でした。

仁和寺は、光孝天皇が着工し宇多天皇が888年(仁和4年)に完成させ、自身が退位後に出家し真言密教の修行をしました。
以後、明治維新まで皇子皇孫が門跡となり、仁和寺は御室御所と呼ばれました。現在、仁和寺は真言宗御室派の総本山となっており、世界遺産に登録されています。

表門を入ってすぐ左手にある御殿に入ります。

Img_90181 ここは、わざわざ“写真撮影OK”の表記があります。内部は撮影禁止の所が多い中、ありがたいですね。

Img_90241 御殿内部の様子。

さらに中門をくぐった先には、五重塔があります。

Img_90381 東寺ほど有名ではありませんが、立派な塔です。

Img_90421 一番奥の正面にあるのが、金堂と呼ばれる本堂です。京都御所の紫宸殿を移築したもので、国宝です。

このように、仁和寺は、由緒ある寺院であり、広大で見どころ満載です。他の世界遺産に比べ、知名度が低いように思いますが、ぜひとも参拝していただきたい寺院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

【旅】世界遺産を巡る旅② 上賀茂神社・下鴨神社

世界遺産を巡る旅の2日目は、上賀茂神社からスタートします。

Img_88231 京都の中心地からはかなり北に位置しており、周辺は自然に囲まれています。

Img_88271 Img_88301今月15日には、京都三大祭りの一つである、葵祭が行われます。本日は、この奥にある本殿と権殿(ごんでん)を特別参拝できます。
左手にある障子戸から中に入り、そこで説明を聞いた後、参拝することができました。

この上賀茂神社は、賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)を御祭神とし、正式名称は、賀茂別雷神社というそうです。その昔、ここの北北西にある秋芳神山(こうやま)に御降臨になり、678年、現在の本殿に御鎮座されたということです。

Img_88361 鳥居を入った所にある細殿の前には、立砂(たてずな)があります。これが神山を形取ったもので、神様が憑代したものとして信仰されています。

Img_88411 また、本日は、渉渓園も特別公開中で、時代装束の着付けも公開されていました。

続いて、同じく世界遺産に登録されている下鴨神社に移動します。

Img_88601 今日は流鏑馬神事が行われる日で、現在、中門から先に入ることができません。

Img_88631 中門の前の舞殿では、流鏑馬神事の前行事が行われており、大変な人だかりができています。

Img_88741 葵祭のクライマックスは15日ですが、葵祭は、5月3日のこの流鏑馬神事から始まるとされています。

流鏑馬の行われる場所に移動しましたが、とても見える状況にないので、あきらめて、入れるようになった中門を入ってみます。

Img_88831 ここは、生まれ年(干支)ごとの守護神が祀られています。

Img_88841 この奥に東西に本殿があり、西本殿に父神様の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が、東本殿に子神様の玉依媛命(たまよりひめのみこと)が祀られています。
一般には下鴨神社と呼ばれていますが、正式名称は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)というそうです。

この神社の歴史は大変に古く、紀元前から神事が行われたという伝承があり、葵祭は544年から行われています。文武天皇時代の698年には、人が集まりすぎるという理由で流鏑馬禁止令が出されたという記録もあります。

さて、この二つの神社は、鴨川の上流にある方を上賀茂神社、下流にある方を下鴨神社と呼んでいますが。鴨川は、河川法の表記では全体を「鴨川」としていますが、通例として上流を「賀茂川」または「加茂川」と表記し、下流を「鴨川」と表記するようです。
それぞれの神社周辺の地名も、それにならって「上賀茂」「下鴨」となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

【旅】世界遺産を巡る旅① 東寺・西本願寺

GW、再び京都にやってまいりました。
もっとも、今日はウィークデイで、仕事の方も少なくないでしょうが・・・。

5月だというのに、奇妙な気候が続いています。寒いのは東日本だけかと思っていましたが、西日本でも、昼間は暖かかったにもかかわらず、夕方近くには急に寒くなるなど、異常な気候は変わりないようです。

さて、ユネスコ諮問機関のイコモスが、富士山を世界遺産に登録するよう勧告したというニュースが流れました。日本を象徴する富士山も、世界遺産に登録される運びとなりました。

ここ京都では、すでに17ヶ所が世界遺産に登録されており、昨年訪れた清水寺や銀閣寺も含まれるのですが、今回はこの内の数ヶ所に訪問する予定です。

という訳で、昼過ぎに京都駅に到着。今日は京都駅に近い名所を訪問します。

まずは、京都の象徴とも言うべき五重塔がある東寺です。

Img_87511 東寺は、真言宗の総本山で、平安遷都の翌々年、796年に建立され、823年に密教寺院として弘法大師に託されます。

Img_87671 重要文化財の講堂。

Img_87661 こちらは国宝の金堂。

これらの建造物の中にも入ることができ、中にはさまざまな見事な仏像が安置されていますが、御多分にもれず撮影禁止。

Img_87701 そして五重塔。この中にも入ることができますが、やはり撮影禁止。上部に上るための階段もありましたが、そこは立ち入り禁止でした。城の天守閣のように、最上部まで上ってみたいものです。

Img_87761 このような見事な庭園もあります。

Img_87831 現在は、春季特別公開中で、この観智院にも入ることができます。

東寺の敷地は結構広く、他にも大師堂など多数の堂があります。

東寺を後にして、堀川通りに出ます。堀川通りは、JRの線路とオーバークロスしていますが、歩道はJRの線路の下をくぐっています。七条通りとの交差点の先、少し歩くと西本願寺の門が見えてきます。

Img_87941 西本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山で、正式名称は「龍谷山本願寺」といい、寺内の案内も「本願寺」と表記されています。近くにある真言大谷派の本山である東本願寺と区別するために、西本願寺という通称で呼ばれるのが一般的です。
龍谷大学が隣接しています。

Img_87961御影堂。親鸞聖人の御魔影の木像が安置されていることからこう呼ばれています。重要文化財です。

Img_87981 こちらは本堂である阿弥陀堂。阿弥陀如来像が安置されています。こちらも重要文化財。

なお、浄土真宗は御朱印はしないのが原則なので、朱印はいただけません。これは、東京・築地本願寺も同様です。

さて、明日も世界遺産を訪問します。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

【旅】そうだ 京都、行こう。~南禅寺・永観堂編

朝から雨が降ったりやんだりの不安定な天気ですが、どうやら風雨は峠を越したようで一安心。

今日は、地下鉄東西線蹴上駅からスタートします。

Img_86621 ここには、蹴上インクラインと呼ばれる傾斜鉄道跡があります。
ここの逢坂山越えは、豊臣秀吉の時代から交通の難所で、運河を築き、琵琶湖からの水路を利用した海運交通を行っていました。このインクラインは、蹴上船溜と南禅寺船溜を船ごと台車に乗せて運ぶために設けられました。

その台車も展示されています。ここは、インクラインに沿って桜並木になっていますが、残念なことにほとんど散ってしまっていました。

Img_86691 インクラインの先には、琵琶湖疏水記念館があります。

Img_86721 南禅寺は、非常に広い敷地を持っており、道路も通じています。

Img_86761 三門の横には、桜の花が残っていました。

Img_86781 本堂です。右手には桜が開花中でした。

Img_86851 お寺には場違いに見えるアーチ橋ですが、これは、先ほどのインクラインとともに琵琶湖疏水事業の一環として設けられた水路橋で、インクラインとともに京都市指定史跡となっています。

さて、南禅寺から10分ほど歩いた所にあるのが禅林寺です。

Img_86901 昨日はこの前で断念しましたが、今日は入ってみます。

Img_86911 このお寺の中心的建物である永観堂。「もみじの永観堂」と呼ばれるように、最大の見ごろは紅葉の季節のようです。
ただ、話によると、紅葉の季節の休日は大変混み合うそうです。

建物内は、例によって撮影禁止。何体ものみごとな仏像やふすまが展示されており、見ごたえがありました。

さて、これで洛東の主だった所は制覇しました。次回からは洛北、洛中を訪問する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

【旅】そうだ 京都、行こう。~京都御所一般公開遍

いきなりJR東海のキャッチコピーを借用してしまいました。ブログやツイッターで無断使用しても、著作権法に触れるという記事を読んだことがありますが、まさかJR東海がこのブログを見て提訴することもないでしょう(笑)。

さて、本日は、京都御所の春季一般公開にやってまいりました。

Img_84301 春と秋のそれぞれ約1週間しか一般公開されない京都御所。一度は観ておきたいと思っていたのですが、そのチャンスが巡ってきました。

Img_84251 この時期に一般公開が設定されているのは、桜の季節ということなのでしょう(秋は紅葉の季節)が、今年は全国的に開花が早く、かなり散ってしまっていますが、桜にも種類があるらしく、それによって開花状況が変わるようです。

それにしても、晴天に恵まれてよかった。明日は暴風雨になるという予報で、今日は嵐の前の静けさなのか、まさしく春の陽気です。

中に入ってみましょう。

Img_84321 まず、ここは「御車寄」。外部の昇殿を許された者のための玄関で、後に出てくる各間と廊下でつながっています。

平日であるにもかかわらず、相当な人出です。やや年齢層は高めですが、若い人の姿もあります。また、外国人も多数、それも中国人や韓国人ばかりでなく、欧米人も多く見られます。

Img_84401ここは、「諸太夫の間」。 参内したした者の控えの間です。

Img_84361 位によって使用する部屋が違い、高い順に「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」が用意されていたようです。

Img_84321_2 これは、先ほどの御車寄に似ていますが、こちらは、大正天皇の即位の際、建てられた「新御車寄」。大正以降の両陛下の玄関として使用されました。

Img_84441 展示されている、狩野尚信「源氏の画」の屏風です。

Img_84641 Img_84661 これが、重要な儀式が執り行れた「紫宸殿」。もっとも格式の高い正殿で、昭和天皇までは、ここで即位の礼が行われました。

Img_84771 「清涼殿」。平安時代には、天皇が生活の場として使用されました。

Img_85221 そしてこちらが、16世紀末以降、天皇の日常の御座所であった「御常御殿」。御所の中でもっとも大きな御殿です。

Img_85171 部屋は15室あり、東西3列に配し、実用性が重んじられた造りとなっています。

Img_84961 当然、御内庭も立派です。

まだまだ紹介したい見どころは多くありましたが、あまりに長いと見る方もいやになるでしょうから(笑)、これくらいにしておきます。

約2時間、じっくりと観覧できました。さて、これが休日となると、もっと人出が多くなるのでしょうか。

この後、周辺の寺社にお参りしましたが、それは割愛します。ただ、同志社の創始者・新島譲の旧邸は観たかったのですが、大河ドラマの影響もあってか、早々に予約で埋まってしまったようです。

さて、明日は、年末に約束したとおりの場所に行きます。暴風雨の予報ですが、当たらない気象庁(失礼)の予報がいい方に外れることを期待して・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

【旅】年末の京の旅 銀閣寺~百万遍知恩寺

年末の京の旅2日目。いい天気になりホントに良かったです。

年末ということもあって、観光客も少なく、南禅寺など閉鎖されている所もあるようなので、有名寺をピンポイントに参拝することに。

Img_79791 銀閣寺にやってきました。ここはさすがに人の姿が多いです。

Img_79851 オーソドックスなアングルですが、この時間、逆光になります。

Img_79921 京都の寺院は、とにかく敷地が広いですね。

Img_80081 最上部までやってきました。京都の市中も一望できます。

言わずと知れた超有名寺社なので、あえて解説はしません。ただ、現地でよく聞かれたのが、「金閣寺に比べるとショボい」という声。たしかに、「銀閣寺」と称しながら銀箔が張ってある訳ではなく、見栄えはしません。しかしながら、こちらは建立時のままの姿をとどめていることに価値があるというべきでしょう。

Img_79981 このアングルが絶好ですね。少し写真が傾いているのはご愛嬌。

Img_80171_2 さて、銀閣寺を後にして、通常なら哲学の道を歩くところですが、シーズンオフで人の姿はまばら。ここには、春にやってくることを期待して、立ち去ります。

バスに乗って、百万遍へと向かいます。

Img_80481 Img_80401 百万遍知恩寺です。法然上人ゆかりの社寺ですが、かつてこの地に疫病が流行した際、ここの善阿空円上人が百万遍念仏を唱えて疫病を収め、後醍醐天皇から「百万遍」の号を賜ったとされ、それがこの辺りの地名にもなっています。

Img_80411 本堂内を撮影してよいのかどうかわからなかったのですが、何も言われなかったので。

なお、八坂神社近くにある知恩とは全く別の社寺です。混同する人がいるからか、HPにはその旨の記載があります。

さて、まだ少し時間があるので、京都大学正門近くの吉田神社にも立ち寄りました。

Img_80501 当然のように、どこも初詣モードに入っていますね。こんな年末のあわただしい時期に参拝する物好きは少数のようです。

Img_80541 御朱印をいただいています。銀閣寺は正式には「慈照寺」というそうです。

さて、明日には地元・四国に帰ります。本ブログも、今年はこれにて終了させていただきます。今年一年、ありがとうございました。

では皆様、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

【旅】年末の京の旅 熊野神社~平安神宮

年末年始休暇を利用して帰省します。その途中、夏に続いて、京都に立ち寄ります。

年末に京都?という感じですが、実は、もっと季節がいい時期に訪れたかったのですが、体調の問題もあり断念し、この時期になってしまった訳です。

昼過ぎに京都に到着。道中の新幹線は当然のように満席でした。

雨にたたられたのは、いつものこと(笑)。

午後からということで、あまり時間がないので、夏の続きで、東山地区の2つの神社に参拝します。

まずは聖護院にある熊野神社へ。

Img_7931 Img_7932 この神社は、その名の通り、紀州熊野大神を勧請したのが始まりで、後白河法皇は熊野詣でをしながらこの神社にも尊信を寄せられ、紀州から土砂や樹木を移設したそうです。
そういった経緯もあって、ここは「京都熊野神社」と呼ばれることもあるようです。

御祭神は、わが国最初の夫婦神であるいざなみのみことといざなぎのみこと(変換できない漢字があるので仮名書き)の他に、天照大神、速玉男尊(はやたまのをのみこと)、事解男尊(ことさかのをのみこと)の五柱です。

縁結び、安産、病気平癒に御利益があるとされ、とりわけ病気平癒をしっかりと祈願。
面白いところでは、サッカー守りがあり、サッカー協会のエンブレムの入ったお守りも売られています。

ここから平安神宮まで歩きます。道中には、おなじみの聖護院八ツ橋の総本店があります。

Img_7928_2

さて、平安神宮ですが、ここに最初に訪れたのは、中学校の修学旅行でした。その時は、1976年の放火事件の直後、再建されたばかりだったので、朱色の鮮やかさが印象に残った半面、何か造り物みたいな気がしたものです。

Img_7948 Img_7934 当時から、かなり時代を経て、味をある見栄えになっています。

Img_7946 外国人の団体さんがいた以外は、社殿前の広場は、このとおり人の姿はまばら。

平安神宮は、1895年、平安京1100年を記念して、平安遷都を行った桓武天皇をお祀りして創建されました。その後、1940年、皇紀2600年を記念して、平安京最後の天皇である孝明天皇が合祀されました。

Img_7942

ここもまた、病気平癒にも御利益があるようで、しっかりと祈願いたしました。

ここの近くにある美術館は、本日は閉館。半端ではない寒さもあって、早めに退散します。

Img_7961両社の御朱印もいただきました。

さて、明日もまた、京都の神社仏閣を巡る予定です。天気が回復すればいいのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

【旅】熱闘!甲子園

久しぶりに甲子園球場へ行ってきました。

Img_7830朝8時から試合は行われていますが、熱戦となった第1試合をテレビ観戦した後、昼から出陣。

Img_7833 なぜか本日は3試合。

日曜日ということもあって、ネット裏、内野特別席ともに売り切れ。第2試合は早く終了し、入場券が再販売され、ネット裏席に入ることができました。

Img_7837 地元校が出場する訳でもないのですが、この通りの観客。やはり、まだまだ野球人気は健在ですね。

甲子園球場は、午後になると、一塁側が陰になり、三塁側は屋根がある所でも日差しが差し込んできます。ネット裏席でも、前方には日が当たる場所があり、この一塁寄りの場所が夏はベストです。

両校応援団がいるアルプス席以外は、比較的静かに観戦する人が多く、ネット裏席は、どちらを応援する訳でもなく、試合そのものを楽しむ人が大半です。

Img_7841 9回表、光星学院の4番打者がバックスクリーンへのホームラン!

実は、そろそろ試合終了のシーンを撮ろうとカメラを用意した直後に飛び出したため、打った瞬間をとらえることはできませんでした。

Img_7843試合終了。まだ3時半ですが、この日の試合は終わり。もう1試合やってほしいところですが、予定通りなので仕方ありません。

それにしても、甲子園球場は、もっとも野球場らしい球場であるとあらためて思いました。ドーム球場は、全面が覆われていて、人工芝というのも、「造り物」のイメージがあります。球場の造りも、音が反響するので、臨場感は抜群です。

ただ、今年は、この球場を本拠地とする球団のふがいなさに、ファンのため息が響くことが多いのでは・・・(阪神ファンの方、スミマセン)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

【旅】京の旅はまたまた雨

夏休みに突入しました。

今日から帰省や旅行される方が多いようで、東京駅を発車する新幹線は軒並み満席。

本日は、昼に京都入りして、GWの続きといきたのですが、名古屋を前にして、雨がぱらつき始め、嫌な予感が・・・。

案の定、京都に到着すると、雨。ただ、この後、名古屋付近の大雨のため、新幹線は1時間前後遅れたようで、無事たどり着けただけでもよしとしましょう。

まず、市バスで五条坂まで行き、清水寺とは反対方向に歩き、六波羅蜜寺へ。

Img_7762 Img_7765 ここは、東山通りからは少し入った場所にあり、観光バスなどは入ってこれないので、徒歩で参拝することになりますが、このあたりの散策コースに含まれており、そこそこに人の姿があります。

951年、空也上人により開創され、その後、平家一門の邸館が設けられたこともあって、空也上人、平清盛の像があります。

ちなみに、「六波羅蜜」とは、「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」のことで、五つの大罪を犯した者でも、この六つの波羅蜜を実践することにより、罪は消えていくとされています。

続いて、建仁寺まで歩きます。

Img_7769 建仁寺は、栄西が開山し、源頼家が開基した寺で、1202年の開創は、京都最古の禅寺とされています。

雨が降っていることもあり、この本院に入ってみます。

Img_7771 Img_7774 本院内は、庭を眺めながら自由に休憩ができます。

ゆっくりしたいところですが、先を急ぎます。祇園の料亭街を通って、八坂神社へ。

Img_7788 ご覧の通り、皆さん傘をさしての参拝です。祇園祭は先月終わりましたが、「祇園さん」として親しまれている神社で、雨の中でもかなりの人です。全国にある八坂神社の総本山でもあります。

Img_7792桜の名所、円山公園を通って、知恩院へと向かいます。

Img_7797 以前、GW中に訪れた際、特別拝観中で、非公開文化財を拝観しましたが、現在、中心にある御影堂は大修理中。

Img_7802よって、この法然上人御堂がメインになります。

なお、知恩院の詳細については、ホームページをご覧ください(笑)。

さて、知恩院から八坂神社に戻る途中、雨は上がり、日差しが戻ってきました。

Img_7810 皮肉なことに、歩き回っていた間だけ雨が降っていた、ということになります。

さて、現在、すでに大阪入りしています。明日はどこへ行くのか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

【旅】京の旅 三十三間堂~清水寺

久しぶりに京都にやって来ました。GW中は、当然のように人が多いのですが、気候もよく、特別拝観などもあるので。

京阪七条駅からスタートします。この「七条」ですが、京阪の駅名は「しちじょう」ですが、京都市バスは「ななじょう」です。道路標識は、「Shichijo」となっています。どうやら、どちらが正しいということはなく、どちらでもいいようです。

Img_72931 三十三間堂に入ります。

Img_72981 この本堂内には、有名な千手観音がありますが、撮影禁止。本堂内はかなりの人でした。

Img_73061 七条通りを少し歩き、東山七条にある智積院(ちしゃくいん)です。
「総本山」の文字があるとおり、真言宗智山派の総本山なのですが、大本山の成田山新勝寺や川崎大師の方が著名になってしまい、ここは人もまばらでした。

Img_73111 総本山だけに、建造物は立派です。

ここから清水寺に向かいますが、清水坂は、急なうえ人も多いだろうと考え、比較的ゆるやかで人通りも少ない「茶わん坂」を通ります。Img_73201

清水寺は5回目になります。

Img_73221 Img_73321さすがの人、人、人です。

Img_73361 清水の舞台と市内の風景。

帰りは、三年坂、二年坂を下り、高台寺にやって来ました。

Img_73551 ここは豊臣家ゆかりの寺です。特別公開中でした。

Img_73611 秀吉の正室・北政所が眠る霊室。
この他にも千利休の茶室などもあります。

ここで雨が降ってきました。このあたりの古い町には、傘を売っているコンビニなどはなく、大通りまで出なければなりません。

この後、八坂神社から智恩院に行く予定でしたが、八坂神社の前で断念しました。

この先は、いつになるかわかりませんが、次回とすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)