« 【プロ野球】25年間の思い結実 | トップページ

2016年10月24日 (月)

【プロ野球】ゲタを履くまで安心しません

黒田が引退を発表して迎えた日本シリーズ。幸先よく地元で連勝しました。

これで32年ぶりの日本一は楽勝!と言いたいところですが、勝負はゲタを履くまでわからない。なにしろ、1986年、先に3勝しながら第8戦までもつれこみ、西武に逆転日本一を許した時のことを忘れてはいないからです。

現役最後の試合となった山本浩二を、日本一で送り出すことはできず、秋山にはバク転され、屈辱的な一戦となったことを、今でもはっきりと覚えています。

ここまでの二戦、広島が戦略とチームワークで勝ったのに対し、日本ハムは大谷一人に寄りかかりすぎて、大谷で初戦を落としたことで、大きく歯車が狂ってしまったようです。

初戦は、松山の4番起用が当たり、第二戦も小窪の起用が当たったように、今年の広島は、ベンチの采配も神っていますね。
ただし、第2戦は、走塁ミスが何度かあった。判定が覆ったあのプレーも、田中の神スライディングでタッチを避けたからセーフになったもので、判断としては失敗でした。

さらに、こうした流れが変わりそうなプレーのあと、一気に集中攻撃しビッグイニングにする、今季のレギュラーシーズンと変わらない見事な攻撃でした。
あとは、鈴木誠也に一本ほしいところです。

これで、札幌に舞台を移しての第三戦。黒田が先発します。現役最後の登板になるかもしれないこの一戦、ここで勝てば、ムニャムニャ・・・。ゲタを履くまで、その先は言いません。

|

« 【プロ野球】25年間の思い結実 | トップページ

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/64393686

この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】ゲタを履くまで安心しません:

« 【プロ野球】25年間の思い結実 | トップページ