« 【プロ野球】いよいよその瞬間がやってきた | トップページ | 【プロ野球】ゲタを履くまで安心しません »

2016年9月11日 (日)

【プロ野球】25年間の思い結実

ついに25年間の苦労が報われました。広島カープ、25年ぶり7度目のリーグ優勝達成!!!

初回に先発黒田が坂本に2ランを浴びましたが、これはちょうどいいハンデくらいに考えていました。ただ、初回の黒田のピッチングには、多少の不安はありましたが、マイコラスに球数を投げさせる戦術は、意外に早く効果が現れ、神ってる男・鈴木誠也の連発で試合を決めました。
黒田の後、今村-ジャクソン-中﨑のリレーで逃げ切りましたが、3人とも三者凡退では終わらなかった所も、今年のカープらしいところでしょう。

巨人は、エラーが失点に結び付き、特に8回の集中力を欠いたようなプレーは残念でした。また、優勝決定後、そそくさと引き揚げ、ベンチには誰も残っていませんでした。屈辱的なのはわかりますが、相手の胴上げを見て、その悔しさをバネにするということも必要で、この巨人の態度はいただけない。

私は、よく聞かれる「巨人を倒してこそ王者」という言いぐさには、かねてから反発していました。どこまで上から目線なのか。球界は巨人を中心に回っているという驕り以外の何物でもない。もっとも、今そう思っているのはマスコミとナベツネだけかもしれませんが。
しかしながら、そういった言葉があるからこそ、巨人を倒しての優勝は、やはり格別のものがあります。

オールドファンには、25年間、待ちに待った優勝でしょうが、若いファンは、「広島って6回も優勝していたんだ」と思う人も多いのではないでしょうか。確かに1970~80年代に、黄金時代がありました。今年のチームが、当時より強いかどうかは、いろんな見方があるでしょうが、当時とは決定的に違う所があります。そう、大多数のファンの声援です。

かつての広島は、一部の熱狂的なファンに支えられたチームで、広島以外、特に関東地区のファンはまれでした。それが、近年のカープ女子をはじめとして全国にファンが広がり、この試合でも、東京ドームを真っ赤に染めてしまうほどになりました。
今回のリーグ優勝はもちろんうれしいことですが、この多数のファンの声援がもっともうれしい。黒田も新井も、さまざまな思いが駆け巡っての涙だったのでしょうが、この大声援の中で優勝を味わえた幸せもまた、大きな要因だったと想像します。

ところで、この試合、NHKが総合テレビで放映しましたが、CS放送の日テレG+も完全中継しました。スポーツ紙では、解説は堀内恒夫と書かれていたので、またまた不愉快な解説を聞かされるのかと思っていましたが、なんと、放送が開始されてみると、ミスター赤ヘル・山本浩二がいるではありませんか。
さらに、試合途中から、野村謙二郎前監督も加わり(おそらく急遽だと思われる)、日テレとはいえ、完全に広島優勝モードでの放送となりました。

驚いたことに、日テレG+での中継中に、NHKの放送ブースが映され、この日NHKで解説していた大野豊と小早川毅彦が、前回優勝メンバーとして紹介されました。(さすがにNHKで解説中とは言わなかったが)

日テレのアナウンサーも、普段は露骨に巨人びいきなところ、この試合は広島モード。解説の多くが山本、野村で占められ、堀内はしどろもどろ。
日テレは、まさか胴上げの途中で放送を打ち切るなんてことはないだろうと思って見ていましたが、胴上げをきちんと放送し、試合終了後も広島の応援席を映し出していました。
日テレにしては、まあ合格の報道姿勢でした。

この25年間、球界ではどのようなことが起こり、それが広島の低迷につながったのか、またの機会に検証しますが、今日は素直に喜びを分かち合いましょう。

|

« 【プロ野球】いよいよその瞬間がやってきた | トップページ | 【プロ野球】ゲタを履くまで安心しません »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/64188542

この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】25年間の思い結実:

« 【プロ野球】いよいよその瞬間がやってきた | トップページ | 【プロ野球】ゲタを履くまで安心しません »