« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

【東京】神宮劇場

神宮球場に野球観戦に行ってきました。

まず、25日(木)、ヤクルト-広島戦。平日でもあるし、巨人戦でもないので、観客は多くないと予想していましたが、この通り。

Img_8709 これは一塁側内野スタンドの様子です。この日は三塁側の方が空いていると思い、三塁側にしたのですが、むしろ三塁側の方が人が多かったようです。
外野には両軍応援団が詰め掛けており、この日の観衆は1万4千人余りでした。

東京にも意外と広島ファンはいるようです。前々日、前田に死球を与え骨折させてしまった江村がリリーフで登板すると、広島ファンから大ブーイング!荒木投手コーチへの野次も酷かったです。

ゲームは二転三転する接戦となり、延長戦へ突入。11回表、丸のホームランで広島が勝ち越した直後の11回裏、なんと電光掲示板が故障するハプニング。

Img_8723 11回裏、宮本のタイムリーで追いついたヤクルトが、12回裏、伏兵の三輪のタイムリーで8-7のサヨナラ勝ち。

試合終了はほぼ11時。途中で席を立つ人も多かったのですが、5時間にわたる熱戦でした。やはり現場で見るなら点がボコボコ入った方が面白いですね。
神宮球場は、東京ドームとともに、ホームランが出やすいと言われており、屋外なので、風の影響もあって、「神宮劇場」という言葉も生まれたほど、思わぬ展開になることが少なくないのですが、この日はまさにそれでした。
電光掲示板の故障は想定外でしたが。ちなみに、最後まで回復することはありませんでした。

さて、27日(土)。この日はヤクルト-巨人戦です。土曜日の巨人戦ということで、予想通りの客の入りです。

Img_8727 巨人戦なので、一塁側の方が取りやすいと思い、一塁側S指定席にしました。
この日の観衆は3万人余り。昼間はそこそこに暖かかったのですが、夜になると寒い。おまけにこの日は風も強かったので、野球観戦に向いているとは言い難い気候でした。

Img_8728 巨人の先発は菅野。

Img_8729 一方のヤクルトの先発は、“和製ライアン”小川。ルーキー同士の対決です。

試合は、ヤクルトが1点を先制しますが、巨人ファンの貧乏人のT君が席を外している間に、坂本の風を利用したインチキホームランで巨人が逆転します。
T君は、この日の巨人の唯一の見せ場を見逃してしまいました。

Img_8735 T君が席に戻った直後、このバレンティンが火の出るようなライナーの3ランを放ち、再逆転。ヤクルトファンの傘と東京音頭の応援が最高潮に達します。

Img_8741 この日は、9時前に試合終了。終わってから気付きましたが、巨人はたった3安打。まあ、この敗戦は、独走巨人には痛くも痒くもないでしょうが・・・。

さあ、次回は東京ドームに行きたいと思います。いつにするか、まだ未定ですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

【旅】そうだ 京都、行こう。~南禅寺・永観堂編

朝から雨が降ったりやんだりの不安定な天気ですが、どうやら風雨は峠を越したようで一安心。

今日は、地下鉄東西線蹴上駅からスタートします。

Img_86621 ここには、蹴上インクラインと呼ばれる傾斜鉄道跡があります。
ここの逢坂山越えは、豊臣秀吉の時代から交通の難所で、運河を築き、琵琶湖からの水路を利用した海運交通を行っていました。このインクラインは、蹴上船溜と南禅寺船溜を船ごと台車に乗せて運ぶために設けられました。

その台車も展示されています。ここは、インクラインに沿って桜並木になっていますが、残念なことにほとんど散ってしまっていました。

Img_86691 インクラインの先には、琵琶湖疏水記念館があります。

Img_86721 南禅寺は、非常に広い敷地を持っており、道路も通じています。

Img_86761 三門の横には、桜の花が残っていました。

Img_86781 本堂です。右手には桜が開花中でした。

Img_86851 お寺には場違いに見えるアーチ橋ですが、これは、先ほどのインクラインとともに琵琶湖疏水事業の一環として設けられた水路橋で、インクラインとともに京都市指定史跡となっています。

さて、南禅寺から10分ほど歩いた所にあるのが禅林寺です。

Img_86901 昨日はこの前で断念しましたが、今日は入ってみます。

Img_86911 このお寺の中心的建物である永観堂。「もみじの永観堂」と呼ばれるように、最大の見ごろは紅葉の季節のようです。
ただ、話によると、紅葉の季節の休日は大変混み合うそうです。

建物内は、例によって撮影禁止。何体ものみごとな仏像やふすまが展示されており、見ごたえがありました。

さて、これで洛東の主だった所は制覇しました。次回からは洛北、洛中を訪問する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

【旅】そうだ 京都、行こう。~哲学の道編

今にも降り出しそうな空模様の中、朝から活動します。

最初に、岡崎から黒谷を巡りますが、今日のメインではないので割愛させていただきます。
その代わりと言っては何ですが、金戒光明寺と真如堂の御朱印をUPしておきます。

Img_86611

さて、昨年暮れ、桜の季節に再び訪れようと決めていたこの地にやってきました。

Img_85841 あいにく雨が降り出しましたが、哲学の道には、桜並木を求めてたくさんの人波。

Img_85911 昨日も書いた通り、満開の桜の見ごろは先週だったようで、道路にも川にも桜の花びらがいっぱい。行きかう人々の傘にも花びらが降り注ぎます。

Img_86141 まず立ち寄ったのは法然院。春の特別公開中です。

Img_86061 こうした所の常として、建物内は残念ながら撮影禁止。庭の風景のみ撮影できます。

ここはその名の通り、専修念佛の元祖・法然房源空上人ゆかりの寺院ですが、法然上人は、後鳥羽上皇の逆鱗に触れるという事件があり(詳細は後の安楽寺で)、法然上人は讃岐国(現在の香川県)に流罪となり、長く荒廃することとなります。
江戸時代になって、知恩院の萬無和尚がこの地に念佛道場を建立することを発案し、弟子の忍澂和尚によって基礎が築かれました。

Img_86161 続いて、その住蓮山安楽寺。
先ほど述べた、後鳥羽上皇が激怒した事件とは、上皇に女官として仕えていた松虫姫と鈴虫姫を住蓮、安楽両上人が密かに出家させたというものです。これによって、上皇は専修念佛を弾圧し、両上人を死罪に処します。

流罪から戻った法然上人が、二人の追善の寺として「住蓮山安楽寺」としましたが、現在の地に本堂が建立されたのは、やはり江戸時代になってからです。

ここも、通常時は非公開ですが、桜、つつじ、さつきの季節の土日には公開されます。
ここは、本堂内の仏像を目の前で見ることができますが、やはり撮影禁止。

Img_86251 続いて、霊鑑寺門跡。やはりここも特別公開中。

Img_86331 ここは庭園内をぐるりと一周することができます。つばきが売りのようです。

雨だけでなく、風も強くなってきました。お寺の方は、特別公開ということで、もっと人が来るものと思っていたようですが、この天気のためか、人はまばら。その分、丁寧に説明していただきました。

Img_86471 せっかくここまで来たので、大豊神社に立ち寄ります。

Img_86501 ここには、この狛鼠がいるのが特徴的です。

Img_86561 Img_86581 最後に熊野若王子神社へ。「わかおうじ」ではなく「にゃくおうじ」と読みます。

ここは、境内にテントが張られ、弁当も販売されていて、ちょっとした花見が出来るようになっていますが、風雨が強くなってきたので、片づけに追われていました。

哲学の道は、本来、こちらから始まるようで、「哲学の道起点」の表記がありました。

まだ午後3時前でしたが、さすがにこの天気では続行は断念。禅林寺の前まで来ましたが、そのままバス停に急ぎます。

続きは明日に持ち越し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

【旅】そうだ 京都、行こう。~京都御所一般公開遍

いきなりJR東海のキャッチコピーを借用してしまいました。ブログやツイッターで無断使用しても、著作権法に触れるという記事を読んだことがありますが、まさかJR東海がこのブログを見て提訴することもないでしょう(笑)。

さて、本日は、京都御所の春季一般公開にやってまいりました。

Img_84301 春と秋のそれぞれ約1週間しか一般公開されない京都御所。一度は観ておきたいと思っていたのですが、そのチャンスが巡ってきました。

Img_84251 この時期に一般公開が設定されているのは、桜の季節ということなのでしょう(秋は紅葉の季節)が、今年は全国的に開花が早く、かなり散ってしまっていますが、桜にも種類があるらしく、それによって開花状況が変わるようです。

それにしても、晴天に恵まれてよかった。明日は暴風雨になるという予報で、今日は嵐の前の静けさなのか、まさしく春の陽気です。

中に入ってみましょう。

Img_84321 まず、ここは「御車寄」。外部の昇殿を許された者のための玄関で、後に出てくる各間と廊下でつながっています。

平日であるにもかかわらず、相当な人出です。やや年齢層は高めですが、若い人の姿もあります。また、外国人も多数、それも中国人や韓国人ばかりでなく、欧米人も多く見られます。

Img_84401ここは、「諸太夫の間」。 参内したした者の控えの間です。

Img_84361 位によって使用する部屋が違い、高い順に「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」が用意されていたようです。

Img_84321_2 これは、先ほどの御車寄に似ていますが、こちらは、大正天皇の即位の際、建てられた「新御車寄」。大正以降の両陛下の玄関として使用されました。

Img_84441 展示されている、狩野尚信「源氏の画」の屏風です。

Img_84641 Img_84661 これが、重要な儀式が執り行れた「紫宸殿」。もっとも格式の高い正殿で、昭和天皇までは、ここで即位の礼が行われました。

Img_84771 「清涼殿」。平安時代には、天皇が生活の場として使用されました。

Img_85221 そしてこちらが、16世紀末以降、天皇の日常の御座所であった「御常御殿」。御所の中でもっとも大きな御殿です。

Img_85171 部屋は15室あり、東西3列に配し、実用性が重んじられた造りとなっています。

Img_84961 当然、御内庭も立派です。

まだまだ紹介したい見どころは多くありましたが、あまりに長いと見る方もいやになるでしょうから(笑)、これくらいにしておきます。

約2時間、じっくりと観覧できました。さて、これが休日となると、もっと人出が多くなるのでしょうか。

この後、周辺の寺社にお参りしましたが、それは割愛します。ただ、同志社の創始者・新島譲の旧邸は観たかったのですが、大河ドラマの影響もあってか、早々に予約で埋まってしまったようです。

さて、明日は、年末に約束したとおりの場所に行きます。暴風雨の予報ですが、当たらない気象庁(失礼)の予報がいい方に外れることを期待して・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »