« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月 4日 (日)

【神社仏閣】東京十社巡り⑧ 王子神社

ブログ更新が停滞気味なのも、なかなか新しいネタが仕入れられないからなのですが、体調も回復してきたことだし、止まったままになっている「東京十社巡り」から再開することにします。

残るのは2社となっていましたが、当然のようにこの2社はやや遠い場所にあり、それゆえになかなか足が向かなかったのですが、歩くことは健康にも良いので、新しく購入したウォーキングシューズを履いて出かけます。

目的地の王子神社は、言うまでもなく王子にあります。というより、この「王子」という地名は、この王子神社からきているのだそうです。

王子へは、JR京浜東北線か地下鉄南北線が通じています。東京都北区にあり、北区役所もここにあります。また、唯一残された都電である荒川線も駅前の道路上を走っています。

王子神社は、王子駅のすぐ近くにありますが、駅を出ると、飛鳥山公園のほうへ向かう人が圧倒的に多く、境内の参拝客はまばらでした。

Img_7888 自分の影が写ってしまいました。

Img_7887 この神社の御神祭は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)の五柱で、総称として「王子大神」と呼ばれています。

この呼称は、紀州熊野三社(本宮・那智・新宮)の御子神さまのものですが、この神社は、1322年、熊野三社から王子大神をお迎えしたのが始まりであるとされ、これがこの地の名にもなったということです。

江戸時代には、紀州徳川家の出身である八代将軍吉宗が、飛鳥山を寄進し、桜を植え庶民の憩いの場としました。それが現在の飛鳥山公園です。

残念ながら当時の社殿は戦災で焼失し、戦後、黒塗りの権現造りの社殿が再建され、現在に至ります。

王子の街は、特に用がなければ行く機会があまりないのですが、庶民的な雰囲気が漂い、駅の近くに王子神社や飛鳥山公園があり、一度訪れても損はない街だと思いました。

さて、東京十社も、残すところ品川神社のみとなりました。こちらはもっとも南にある神社になります。年内には制覇したいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »