« 【東京】スカイツリー開業と墨田区を考える | トップページ | 【レトロ】「週刊少年チャンピオン」の黄金時代と「マカロニほうれん荘」 »

2012年6月 5日 (火)

【東京】東京十社巡り⑥ 亀戸天神社

東京十社巡り、今回は亀戸天神社です。

Img_7687 錦糸町駅と亀戸駅のちょうど中間あたりの蔵前橋通り沿いにあります。墨田区側からだと、その名も「天神橋」を渡ってすぐのところにありますが、この橋を境に江東区になります。前には、都バス「天神前」バス停があります。

なお、東京以外の方のために念のため、「かめいど」と読みます。

Img_7664 Img_7681 亀戸天神社は、菅原道真公をお祀りしており、本社である九州の太宰府天満宮に対し、「東宰府天満宮」と呼ばれたこともあったようです。

もともとは、道真公の末裔にあたる菅原大鳥居信祐公が1646年、天神信仰を広めるため、本所亀戸村にご神像を御祀りしたのが始まりとされています。
その後、徳川四代将軍家綱によって当地を寄進され、1662年、太宰府にならい、社殿などが建立され、東国天満宮として崇敬されることになります。

明治維新後、東京府社となり「亀戸神社」と号し、昭和11年、現在の「亀戸天神社」と称し、東京十社の一社として現在に至ります。

学問の神様として、試験合格御祈願を受け付けており、「学業成就」の神札を授与されます。

Img_7684_2 亀戸だけに、池にはたくさんのカメが泳いでいます。

Img_7689 亀戸は、下町でありますが、近年、マンションが多数建築され、住宅地の様相を呈してきました。街からは、写真にあるとおり、東京スカイツリーがくっきりと見えます。スカイツリーの開業によって、訪れる人が増えるといいですね。

|

« 【東京】スカイツリー開業と墨田区を考える | トップページ | 【レトロ】「週刊少年チャンピオン」の黄金時代と「マカロニほうれん荘」 »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/54884618

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】東京十社巡り⑥ 亀戸天神社:

« 【東京】スカイツリー開業と墨田区を考える | トップページ | 【レトロ】「週刊少年チャンピオン」の黄金時代と「マカロニほうれん荘」 »