« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

【東京】スカイツリー開業と墨田区を考える

5月22日、ついに東京スカイツリーが開業しました。

Img_7650 画像は、開業の翌日、23日のものです。平日でありながら、かなりの人出。簡単に上ることができるようになるのは、相当先のことになるでしょう。

Img_7646 「東京ソラマチ」には、数多くの店舗が出店しており、タワーに上れなくても楽しめるため、東京の新名所として、観光客がどっと押し寄せることになるでしょう。

Img_7652 東武「とうきょうスカイツリー」駅。旧業平橋駅は、小駅でしたが、立派な駅に改装され、一部の特急も停車するようになりました。同時に、「東武スカイツリーライン」の愛称も与えられ、東武では、この線名で案内しています。

また、東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成押上線の押上駅の側からもつながっており、立地は抜群です。東京の人も、ついでに寄ってみる、ということも可能です。

地元の墨田区にとっても、新たな名所の開業に大きな期待が寄せられています。
墨田区は、都心に近いにもかかわらず、全国的に知名度があるのは、両国国技館くらいで、地味な存在であったと言えます。今後は、スカイツリーのある区として、大々的にアピールするのは当然のことでしょう。

ところが、そうではない現象が起きていることが伝えられています。ソラマチに多くの店舗が出店したことで、地元の商店に人が立ち寄ってくれない。鉄道だけでなく、浅草や上野などから直通するバスが運行するようになり、スカイツリー以外の場所は素通りされるだけになってしまう、という危惧です。

Img_7656 当ブログではおなじみの、吾妻橋からのアングルです。スカイツリーの左手に見えるのが墨田区役所の建物です。

墨田区としては、スカイツリー近辺をゆっくりと散策してほしいと考えているのでしょうが、この隅田川のこちら側には浅草があり、スカイツリー~浅草寺というのが新しい観光ルートになりそうで、墨田区の思惑通りにはいかない可能性大です。

東京に来られた方で、時間がある方は、浅草からこの吾妻橋を渡ってスカイツリーまで歩いて、下町の風情を味わってほしいものです。ただ、「そこに何があるの?」と聞かれても答えにつまってしまうのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

【東京】東京十社巡り⑤ 芝大神宮

東京十社巡りも後半戦に入ります。今回は、港区芝に鎮座する芝大神宮です。

Img_7560 都営地下鉄大門駅から地上に出ると、増上寺への御門である芝大門が見えてきます。この門をくぐらず、交差点を右に折れた所に、芝大神宮はあります。

Img_7555 ちょうど、神前結婚式が行われている最中だったようで、終えるのを待ちます。

Img_7558 伊勢神宮の御祭神、天照大御神と豊受大御神をお祀りしており、この二柱を主際神としています。大御神をお祀りする所を、「大神宮」と呼ぶのが一般的のようです。

1005年、一条天皇の代に創建され、千年余の歴史があります。決して広くはなく、ビルに囲まれて大通りからは見えない場所にありますが、由緒ある立派なお宮さんです。

神前結婚式を積極的に勧めているようで、HPにも予約状況が掲載されています。

さて、ここにお参りする人は、増上寺にも行かれることが多いと思います。先ほどの芝大門をくぐって、増上寺にも行ってみました。

Img_7572 徳川家の菩提寺であっただけに、広大な敷地を誇り、かつてはこの芝公園全体が増上寺の敷地だあったそうで、上野公園一帯を敷地とした寛永寺と双璧でありました。

開業間近の東京スカイツリーによって、東京のランドマークタワーの役目を終えることになる東京タワーはすぐそばにあります。

芝公園は広大で、緑がいっぱいです。地方から来られた方は、観光の合間の休憩には絶好です。また、東京のサラリーマンには、有名なサボリスポット?でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

【東京】東京十社巡り④ 日枝神社

ようやく週末が晴天に恵まれ、傘の心配なく参拝ができました。

今回訪れた日枝神社は、住所は永田町ですが、地下鉄南北線の溜池山王駅が最も近く、銀座線でもそれほど遠くはありません。
この駅は、以前紹介した通り、国会議事堂前駅とつながっていますが、千代田線の同駅は非常に深く、丸ノ内線からだとかなり遠いので、丸ノ内線から来る場合は、赤坂見附駅で銀座線に乗り換えるか、四ッ谷駅で南北線に乗り換えたほうがいいでしょう。

Img_7491 境内へは、いくつかのルートがありますが、外堀通り沿いのここからなら、エスカレーターが使えます。後ろに見えるのが、新装なったザ・キャピトルホテル東急です。

Img_7496 Img_7495 この日枝神社は、江戸氏が山王宮を祀ったのが始まりとされ、1478年、太田道灌が江戸城を築城するにあたり、鎮護の神とされました。
御神祭は、古事記に登場する「大山昨神(おほやまきひのかみ)」。

その後、1590年、徳川家康が江戸城を居城するにあたって、城内鎮守の社として、徳川家から崇敬を受けました。

二代将軍秀忠の時に、隼町(現在の国立劇場付近)を社地としますが、1657年、明歴の大火災により炎上し、四代将軍家綱が現在の地に社殿を建造しました。

明治維新により、准勅祭社とされ、社号も「日枝神社」となりましたが、広く「山王社」と呼ばれ、現在でも「山王さま」と呼ぶことも多いようです。

1945年、戦災により当時の建造物は焼失しますが、1958年、本殿が再建され、その他の建造物も逐次完成し、1967年、奉祝祭が挙行され、現在に至ります。

Img_7498 宝物殿の中は狭いですが、太田道灌の銅像、徳川家康の朱印状などが展示されています。御朱印もここでいただきました。

ここの山王祭は、江戸三大祭りであるとともに、京都の祇園、大阪の天満とともに、日本三大祭りとされています。例祭は6月に行われます。

このあたりは、国会議事堂にも近く、周辺道路には警備員が立ち、物々しい雰囲気がありますが、土日は人の姿も少なく、交通の便もいいので、都心のおすすめスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

【音楽】ガールズ・ライブ

今年は2ヶ月に1回のペースでライブを開催しているながしまみおりさんのライブです。

場所は、すっかりおなじみになった中板橋「タンドリー」。ここは、食べ物も飲み物もも充実していて、ゆったりできます。

Img_74291 Img_74641 今回は、真正面の席に陣取らせていただきました。

Img_74651 今回、共演のお二人は、コンビで活動しているそうです。名前・・・忘れました、すみません。

Img_74741_2 このフリ、キャンディーズです。

いつもながら、年齢層は高めなので、こういった歌の方が受ける・・・かも。

このところ、東武東上線沿線ばかりなので(決して悪い訳ではありませんが)、もっと都会でやってほしい・・・、と本人にも伝えておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »