« 【東京】東京十社巡り② 神田明神 | トップページ | 【旅】サンライズに乗って »

2012年4月22日 (日)

【東京】東京十社巡り③ 根津神社・白山神社

今にも降り出しそうな空模様の中、東京十社巡りの第三弾を敢行しました。

大手町駅から地下鉄千代田線で根津駅へ。不忍通りを少し歩いた所に、根津神社入口の表示があり、そこを左折してしばらく行くと、鳥居が見えてきます。

Img_68781 現在、つつじ祭りの真っ最中ですが、今年は気温が低いせいか、開花状況は今一つのようです。

Img_68811 根津神社は、1900余前、日本武尊が千駄木に創祀したと伝えられる古社で、徳川五代将軍綱吉によってこの地に遷座し、1708年、権現造りの本殿、拝殿などが完成しました。

Img_68831 Img_68881 綱吉の時代に築かれたこれらの建造物は、関東大震災にも太平洋戦争にも耐え抜き、現在も堂々とした姿を見ることができます。

毎年9月21日には、例祭がおこなわれます。六代将軍家宣が奉納した大神輿三基は現存しており、天下祭と呼ばれ、江戸三大祭と呼ぶ人もいます。

※ 江戸三大祭は、山王祭、神田祭の二つは定説ですが、後の一つは、三社祭、深川祭、この天下祭と諸説あり、定着していないようです。

根津神社の北口を出て、西の方へと歩きます。このあたりは、千代田線、南北線、都営三田線と南北に伸びる路線が並行していますが、東西に走る路線はなく、一度引き返して電車に乗るよりは、歩いた方が早いのです。

本郷通りを越え、旧白山通りから少し入った所に、白山神社はあります。

Img_6899 境内に入ってびっくり!誰もいません。

Img_6901 静まり返った拝殿の前にいると、ポツリポツリと参拝に来られる人の姿がある程度。ここはあじさいの名所であるそうで、あじさいが咲く6月には、もっと多くの人が訪れるのかもしれませんが、あまりにさびしい。ここは、御朱印も書き置きしたものに日付のみ入れるという形式です。

この白山神社、もとは984年、加賀一宮白山神社として現在の本郷元町に創祀され、足利尊氏により国家平安祈願所とされます。
江戸時代、四代将軍家綱により現在地に遷座しますが、二度にわたる火災により、什器祭具等を焼失します。

その後長きにわたり本殿のみでありましたが、明治32年に拝殿が建設され、昭和9年に改修ののち、正遷座大祭が施行され、現在に至ります。

地下鉄白山駅からさほど遠くなく、立地は悪くないので、もっと多くの方に参拝していただきたいものです。

なお、「白山」の地名は、この白山神社の所在地であったことから、また小石川の地名も、加賀国石川郡よりこの神社が奉勧されたことによるそうです。

|

« 【東京】東京十社巡り② 神田明神 | トップページ | 【旅】サンライズに乗って »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/54538398

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】東京十社巡り③ 根津神社・白山神社:

« 【東京】東京十社巡り② 神田明神 | トップページ | 【旅】サンライズに乗って »