« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月16日 (日)

【レトロ】優勝決定試合で行われた醜い首位打者争い

またまた野球ネタです。

両リーグの情勢もあらかた決まって、興味はポストシーズンに移りますが、この時期、もう一つの興味は、個人タイトル争いです。

かつては、優勝決定後の消化試合で、醜いタイトル争いが繰り広げられ、「ファン無視」の批判を受けたことがありましたが、クライマックスシリーズの導入後は、完全な消化試合というものが減った関係からか、こうしたタイトル争いが見られなくなりました。
CSに関しては、賛否両論がありますが、こういった効果もあるということでしょう。今年にしても、もしCSがなかったら、10月初旬には、中日とヤクルト以外は実質的に消化試合であった訳ですから。

プロ野球人気の低迷から、ニュース番組での日本プロ野球の報道時間が短くなっています。かつてフジテレビでは、「プロ野球ニュース」という番組が地上波で放送されていました。
この番組は、プロ野球をもっとも詳細に報道する番組でありました。地上波からは姿を消してしまいましたが、現在もCS放送「フジテレビTWO」で毎日放送されています。
現在、プロ野球の結果報道では、この番組とJ SPORTS 1の「野球好きニュース」が双璧となっています。

先日、このプロ野球ニュースに関根潤三氏と田尾安志氏が出演していましたが、話が個人タイトル争いに及んだ時、私は、その昔、この2人が関係した醜いタイトル争いのことを思い出しました。

1982年のセ・リーグは、中日と巨人の激しい優勝争いとなり、全日程を終了した巨人と3試合を残した中日がゲーム差なしで並び、10月16日からの大洋(現横浜)との3連戦で中日が負け越さなければ優勝、という状況でした。

一方、首位打者争いは、大洋の長崎啓二(本名は慶一)と中日の田尾安志の争いとなり、3連戦を前にして、長崎が1分2厘差を付けてトップ。大洋は5位が確定しており、長崎は打率維持のために3連戦は欠場していました。
ほぼ逆転は不可能と思われていましたが、田尾は初戦に2安打、第2戦に4安打して、長崎に1厘差まで迫ります。ちなみに、第2戦では、大洋バッテリーは田尾を敬遠していません。これは、斎藤明夫投手(ちなみにこの斎藤も現在「プロ野球ニュース」に出演している)の最優秀防御率のタイトルがかかっていたためと思われます。もっとも、田尾の打率を計算して勝負していたとは思いますが。

1勝1敗で迎えた10月18日の最終戦。この試合で中日が勝つか引き分けで優勝。この日は月曜日でしたが、優勝決定試合ということで、フジテレビが急遽実況中継をすることになります。

全国の野球ファンが注目する中、先頭打者の田尾がバッターボックスに入ると、大洋バッテリーはいきなり敬遠します。これは、バッテリーの判断である訳がなく、ベンチの関根潤三監督の指示であることは疑いありません。
1番バッターをすべて出塁させるという作戦は、負けを覚悟しているというに等しく、これを「敗退行為」だとして非難する声が上がったのも頷けます。私が巨人ファンであったなら、同様に批判していたでしょう。

試合は8-0と中日の大量リードで9回表、田尾に5打席目が回ります。当然のようにキャッチャーが立ち上がっての敬遠。ところが、3ボールからの4、5球目、田尾は敬遠球を故意に空振りします。大洋ベンチを何度も見やりながらの行為で、5打席連続敬遠への抗議の意味であったことは明らかです。
あわてて中日コーチが田尾に駆け寄り、田尾は6球目を見逃がし、一塁に歩きます。皮肉なことに、この出塁によって、田尾は掛布雅之(阪神)と並び、最多出塁数(当時は出塁率ではなく出塁数だった)のタイトルを獲得します。

直後に中日はリーグ優勝を達成しますが、数多くあった醜いタイトル争いの中で、このケースが悪質なのは、消化試合でなく、優勝決定試合で行われたという点にあります。
行為そのものの悪質性なら、1998年の小坂(ロッテ)と松井(西武)の盗塁王争いでの、西武投手の故意の牽制悪送球、故意のボークがワースト1でしょう。

関根監督は、この選択をしたことに関し、多くを語りませんでした。しかしながら、この一件にによって、勝負師としては失格であったことを証明してしまった訳で、その後、ヤクルトの監督も務めましたが、万年Bクラス監督というレッテルを貼られてしまいます。
極端に私情をはさまない采配をした落合監督に対し、明確に批判するコメントをしなかったのも納得できることです。

その後、田尾は西武に、長崎は阪神にトレードされ、両者は1985年の日本シリーズで対戦します。ここで長崎は満塁ホームランを放つなど、阪神を初の日本一に導き、日本シリーズMVPを獲得します。
1987年には、田尾が阪神にトレードされ、両者はチームメイトになりますが、長崎は同年に現役引退します。田尾は、期待されながら、中日時代の輝きを取り戻すことはできず、ついに首位打者のタイトルを獲得することはできませんでした。

田尾は、徒党を組むことを嫌う一匹狼的な選手であったと言われ、それがトレードにつながり、実力を発揮できずに終わったとする意見もあります。楽天の初年度監督を務めながら、1年で解任されるなど、損な役回りをさせられているようなイメージはぬぐえません。

結局、この1982年の首位打者争いは、かかわった人々に暗い影を落としたと見るのはうがちすぎでしょうか。現在は、何事もなかったかのように共演している関根氏と田尾氏ですが、先日の放送では、個人タイトルの話の際、一瞬口ごもったように見えたのは、この時のことを思い出したのでは、と疑ってしまいました。

ところで、この1982年には、青木、畠山(ヤクルト)、栗原(広島)、内海(巨人)、中島(西武)、内川(ソフトバンク)など、今年タイトルを争った選手たちが生まれています。いやはや、月日の経つのは早い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

【駅弁】鉄道の日 東日本縦断駅弁大会

東日本縦断駅弁大会も最終日。今回は「東北応援」のサブタイトルが付けられていますが、本来は「鉄道の日」にちなんだ駅弁大会であります。昨日は、東北の駅弁を購入したので、今日は「鉄道の日コーナー」の駅弁をチョイスしました。

今回は、東北に主眼が置かれたためか、企画はおとなしめで、復刻駅弁と列車容器の駅弁がある程度。そこで、有名駅弁の復刻版を2種購入。

Img_6243 千葉駅・万葉軒の「とんかつ弁当」。昭和40年代から売られているロングセラーです。

Img_6253 掛け紙は、かつて使われていたものを復刻したため、「とんかつ弁当」となっていますが、中身は「ジャンボかつ弁当」です。(商品名は「復刻 ジャンボかつ弁当」)
オリジナルの「とんかつ弁当」は現在も売られていますが、「ジャンボかつ弁当」はなくなってしまったようで、今回の復刻ということになったようです。

とんかつ自体は決して厚くはないのですが、ソースがご飯にしみており、ソースかつ丼のような味わいです。しかも、これで580円!。万葉軒の駅弁は全般に安いのですが、オリジナルの「とんかつ弁当」の方は現在も480円だそうです。
千葉駅の駅弁は、旅行者よりも地元のサラリーマンなどが購入することが多いようで、この安さが魅力ということでしょう。

もう一品、大船駅・大船軒の「鯵の押寿し」です。

Img_6258 言わずと知れた超ロングセラー駅弁ですが、昭和4年当時の掛け紙を復刻しており、弁当名は「小鯵のお志寿し」となっています。

Img_6264 この駅弁は、当然、現在も売られていますが、中身は現在「伝承 鯵の押寿し」として売られている(以前は「特上」だった)高級版です。
通常版と食べ比べてみれば違いがわかりますが、値段は1200円と高め(通常版は960円)です。

今回は掛け紙のみの復刻で、この駅弁はいつでも買うことができます。
大船駅、鎌倉駅などの他に、神奈川県内のデパートや東京駅でも買うことができます。千葉駅・万葉軒と同様、地元の人が日常的に買う駅弁(崎陽軒の「シウマイ弁当」は最たるものですが)が、関東地区には根付いているということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

【駅弁】東北応援 東日本縦断駅弁大会

毎年、10月14日の「鉄道の日」前後に行われる、東京駅の東日本縦断駅弁大会ですが、今年はやはり、震災に遭った東北を応援するという趣旨で行われています。

Img_6221 毎年、代々木公園の九州フェアとかち合うことが多く、今年も初日は代々木公園に行き、今日、東京駅へということになりました。

特筆すべき目玉はなく、企画としては、できたて駅弁と復刻駅弁がある程度。そこで、東北地方の復刻駅弁を2種購入。

Img_6222 Img_6226 米沢駅・松川弁当店の「すきやき弁当」。復刻版の文字があります。表示基準が厳しくなってから、「米沢牛」の表示ができない商品が増えましたが、この駅弁には、堂々そのシールが貼ってあります。

米沢駅には、駅弁業者が2社あり、「牛肉どまん中」で有名な新杵屋としのぎを削っているのが、この松川弁当店です。「牛肉どまん中」が大ヒットするまでは、松川弁当店の方が優勢だったようで、その躍進を担ったのが、この「すきやき弁当」です。

この駅弁は現在も売られているようですが、牛肉を使った駅弁を次々と発売しているため、隅に追いやられてしまった感がありますが、昭和20年代に販売開始したというこの駅弁の昭和43年当時の掛け紙を復刻しています。

ブランド牛を使用した駅弁は、値段が高かったり、牛肉の量が少ないことが多いのですが、1050円でこの量なら納得です。味付けは濃い目ですが、これが東北の味でしょうか。

もう一品、一ノ関駅・斎藤松月堂の「鶏舞弁当」。

Img_6230 Img_6238 昭和40年代に販売されていた駅弁を復刻したもので、鶏肉がたっぷりと乗せられていて、米は岩手県産ひとめぼれが使用されており、これで800円ならお買い得です。

「鶏舞」とは、地元の郷土芸能だそうで、一日も早い復興を祈願してこの駅弁が復刻されたということでしょう。

一ノ関駅もこの斎藤松月堂とあべちうの2社があり、両社とも「駅弁屋旨囲門」でもおなじみです。

東北の駅弁業者さんが早く復活できたのをありがたく思うと同時に、東北全体の復興を祈願して開催されている今回の駅弁大会は、明日10日までの開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

【グルメ】来て見て食べて 感動!九州観光・物産フェアwith東北2011

すっかりこの季節の風物詩となった感がある(自分だけかも知れませんが)、代々木公園の九州観光・物産フェアですが、今年も今日から3日間、開催されています。

Img_62081 今年は、震災復興を願って、一部東北からの出店もあります。

Img_6191 この催しも知られてきたようで、初日からこのとおり大盛況。

一昨年までは、九州の駅弁の販売があり、それがお目当てだったのですが、昨年からなくなってしまい、今年もなし。ということは、復活はないのでしょうか。残念。

Img_6196 おなじみのとんこつラーメンや長崎ちゃんぽんは今年も行列ですが、今回はこの「もつ鍋ちゃんぽん」が人気のようで、長い行列ができていました。

何か珍しいものはないかとうろうろしていると、こんなものが。

Img_6200 福岡・こがね食品の「海鮮お好み焼き」という商品が。お好み焼きというと、関西か広島かと思っていましたが、福岡にもあるようです。

Img_62021 手法は広島風とほぼ同じ。というより広島風とどこが違うのかわかりません。

Img_6198 中はキャベツがたっぷり。そばも入っていて、けっこうボリュームがあります。これで満腹になってしまいました。

Img_6220 西鉄の、福岡~東京間のハイグレードバス「はかた号」が展示してあったので、乗ってみます。

Img_6211 1階のエコノミーシートに、案内役のキャラクター「唐ワンくん」が乗ってきて、びっくり。

Img_6217 こちらは2階のビジネスシート。1列+2列の配置です。

Img_6218 そして、2階前方に4席しかないプレミアムシート。新幹線のグリーン車より広く、液晶テレビや無線LANも搭載した超豪華な座席です。2階には運転席がないので、前方の眺めは格別です。もっとも、夜行なので、眠りを妨げられないように、前方にもカーテンが付いています。

運賃は、エコノミーが通常期8000円、繁忙期12000円、ビジネスが15000円、プレミアムが19000円とのことです。飛行機や新幹線より遅いのは仕方ありませんが、リーズナブルな価格で利用価値は高そうです。

さて、九州フェアは明後日10日までの開催です。行ける方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

【レトロ】落合博満を語る

プロ野球も大詰めを迎えています。パリーグはすでにソフトバンクの優勝が決まり、CS進出争いもほぼ決着がついた感があります。それに対し、セリーグは、安泰と思われたヤクルトが中日の追い上げに遭い、明日にも首位が入れ替わりかねない状況です。

そんな中、2人の監督が、シーズン終了を待たずに勇退を発表しました。中日の落合監督と日本ハムの梨田監督ですが、CS進出確定的、優勝もまだ狙える段階での発表に、「なぜ?」という疑問の声が上がりました。
ところが、監督勇退の発表後、日本ハムは成績が急降下し、2位も危ない状況に追い込まれたのに対し、中日は快進撃を続け、ついに首位に並ぶところまできました。

ここでは、その落合監督について、勝手に語ってみたいと思います。

落合博満は、秋田工業、東洋大学と野球部に所属していましたが、体育会系の雰囲気になじめず、東洋大学を中退しています。当時の野球部は、体育会系独特の思想が支配していたようで、落合の代名詞である「オレ流」が通用する世界ではなかったようです。

その後のスポーツ界は、イチローや中田英寿のような自己を貫く選手が評価される時代になりましたが、落合は出現が早すぎたのかも知れません。

東洋大学を中退した落合は、東芝府中に所属し、1978年のドラフトでロッテの3位指名を受け入団しますが、この年のドラフトは、「江川事件」で揺れ、巨人がドラフトをボイコットしました。巨人は、ボイコットしなければ、落合を指名する予定であったという話があり、後年実現した「巨人の落合」は、入団時に実現した可能性もあった訳です。

アマ時代は、全日本代表に選ばれたものの、さして注目された選手ではなかったため、地味な存在でしたが、以前、このブログに書いたように、イースタンの試合で、江川の球を打ち、凡フライと思った江川がマウンドを降りかけていると、打球はフェンスを越えた、ということもあり、非凡な打撃センスは見せていました。

落合の打法は、「神主打法」と呼ばれていましたが、これは落合がロッテ時代に自身で完成させたもので、これを酷評した金田正一と敵対し、後年、名球会入りを拒否しています。
金田ほどの大物に対しても、自己を貫くというのは、「オレ流」たるゆえんでしょう。

1981年、首位打者を獲得、1982年には三冠王に輝きますが、この時代で記憶に残っているのは、年俸へのこだわりです。当時、「野球選手の年俸は安い」と主張する江川とともに、後の選手の権利主張、年俸アップにつながったと言っていいでしょう。

そして、1986、87年と2年連続で三冠王を獲得しますが、この年のオフは落合のトレード話で持ち切りでした。マスコミでさかんに報道されたのが巨人入りでしたが、中日へのトレードが伝えられた時は驚きでした。
この落合の中日入りは、自分的に「昭和のプロ野球三大衝撃」としています。ちなみにあとの二つは、江川の空白の一日とKKドラフトでの巨人の桑田指名です。

落合はトレードされた中日との契約で、年俸1億円を達成します。これが日本プロ野球の年俸1億円第一号です(同年、西武の東尾も達成)。三冠王を3度取って、やっと1億に達したのですから、「野球選手の年俸は安い」という主張は、今にして思えば納得できる気がします。ただ、その主張をした江川は達することなく引退しています。

長くなるので、その後、巨人、日本ハムと移籍した現役時代は省略し、話はいきなり中日監督時代に飛びます。
7年間すべてAクラス、3度のリーグ優勝、1度の日本一。今季もAクラスは確定で、優勝の可能性もあるのですから、監督としての実績は申し分ありません。それでいて、なぜ勇退なのか?という疑問が付きまといます。

落合監督を語るには、欠かすことができないのが、2007年の日本シリーズ第5戦の、完全試合目前の山井投手の交代でしょう。
これについては、賛否両論あることを承知の上で、自分の意見を述べます。

この試合、私はテレビ観戦していましたが、解説者(誰か忘れました、スミマセン)も驚き、「日本シリーズの完全試合、見たかった」と言っていました。当日のニュースで、星野元監督や野村監督(当時)も否定的なコメントをしていたので、「やっぱりそうだよな」と思い納得していました。

ところが、その後、当時の現役監督である王監督、岡田監督だけでなく監督経験があるOBまでもが采配に賛成意見を述べ、その年の正力松太郎賞にも選出されていました。

私は、これらを見て、こんな事だからプロ野球人気が低迷するのだと思いました。賛成意見の主たるものは、「勝負に私情を挟まない」「レギュラーシーズンと違い、ポストシーズンは記録は関係ない」といったものでした。
中日は、この年まで、楽天を除く11球団でもっとも日本一から遠ざかっており、絶対に勝たねばならない使命があったことは理解できます。落合監督にしてみれば、山井個人の記録よりチームの53年ぶりの優勝を優先し、それを評価する声が多いのは、一見すると正当な意見のように見えます。

私がこれらの意見に断固反対する理由は、そこにはファンの存在、興行という視点が欠けているからです。ポストシーズンとはいえ、プロ野球は基本的に興行であり、ファンの存在なしには成り立たないものです。この采配に賛成意見を述べた人々は、野球さえやっていればファンが見てくれたよき時代の発想から抜け出せていないのだと思います。

リアルタイムで見ていた者にとっては、某解説者が思わず言ったように、「日本シリーズの完全試合が見たかった」のであり、もしそれが実現されれば、後世まで語り継ぐでしょう。
王監督の言うとおり「記録は関係ない」のかも知れませんが、人々の「記憶」には大いに影響するのです。
この采配によって、「日本シリーズ優勝決定試合での完全試合」が単なる「中日の53年ぶりの日本一」に矮小化されてしまい、もうすでに記憶から消えつつあります。もっとも、落合監督の非情な采配として語り継がれるのは、本人にとっては満足かも知れませんが。

落合監督勇退の理由には、その一つとしてファン離れが挙げられていますが、これは監督だけの責任ではないでしょう。ただ、マスコミに対する態度や、応援してくれる地元財界への気配りのなさは、事実であれば問題でしょう。

私は、WBCの監督問題があった際、もっともふさわしいのは落合だと思っていました。すなわち、勝つことだけが評価される試合では、知将と言われるこの人の力量が生かされます。
しかしながら、興行の側面を持つプロ野球の監督は、結果を残すだけでなく、見る者に伝えるスポークスマンの役割も果たさなければなりません。こうした視点に欠けていたことが、今回の勇退につながったのでは、と想像しています。

過去に、広岡達郎、野村克也という、必ずしも万人受けしない名将がいましたが、広岡元監督は、マスコミに厳しいことを言うことによって、自分の方針をファンに伝えていたと取ることもできます。野村元監督は、南海時代はともかく、晩年はボヤキが有名でしたが、これこそ明らかにファンサービスとしてやっていたことは明白です。

落合監督には、ノムさんのように、歳を取るごとに角が取れ、ファンサービスもできる知将として球界に戻ってくることを期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »