« 【ミステリー】本格黄金時代の幕開け E・C・ベントリー「トレント最後の事件」 | トップページ | 祝・3万アクセス達成! »

2011年8月18日 (木)

【東京】隅田川を歩く⑤ 隅田川大橋~永代橋

自宅を出て隅田川テラスを歩く場合、清洲橋から下流に向かうことが多いのですが、このあたりの隅田川沿いは、事業所のビルやマンションが立ち並んでいます。隅田川に面した側は、障害物がないので、さぞかし眺めがいいことでしょう。

Img_6136 隅田川大橋の手前にそびえるのが、リバーサイド読売ビルです。テナント兼マンションであるようで、向こうに見えるIBM箱崎ビルとともに、このあたりのランドマーク的建物です。

Img_6140 Img_6144隅田川大橋は、首都高と一般道の二層構造になっており、西側は中央区日本橋箱崎町、東側は江東区佐賀一丁目を結んでいます。一般道は、中央区側が水天宮通り、江東区側が葛西橋通りと呼ばれています。
この橋の建設は比較的新しく、1979年、首都高建設と同時に完成しました。

Img_6160 この橋の中間地点からは、東京スカイツリーがよく見えます。この日も、プロのカメラマンとおぼしき数人がカメラを構えていました。

上部を通るのが首都高速9号深川線ですが、この橋の中央区側は、6号向島線と合流する箱崎ジャンクションになっています。

Img_6156 この箱崎ジャンクションは、首都高の渋滞の名所であり、道路情報にもよく登場します。3方向からの路線が合流し、なおかつ上下線が分離し、PAもある非常に複雑な構造になっています。
なお、写真の右後方の建物は、かつてソフトバンク本社があったビルです。

Img_6154 この箱崎ジャンクションの真下にあるのが、東京シティエアターミナル(TCAT)です。9・11の翌年、テロ対策のため、ここでのチェックインはできなくなりましたが、成田空港行きのリムジンバスが頻繁に発着します。
オレンジ色のリムジンバスでおなじみの、東京空港交通の本社もここにあります。また、地下鉄半蔵門線水天宮前駅もここの地下にあり、半蔵門線は隅田川大橋のほぼ真下を通っています。

Img_6163 隅田川大橋の横には、IBM箱崎ビルがあります。

中央区側、IBMの前に移動します。このあたりは隅田川の眺めが非常にいい場所で、休憩所も設けられ、くつろぐ人の姿も多く見られます。

隅田川テラスは、IBMのそばで途切れます。ここには、日本橋川との合流地点があり、ここに架かる豊海橋を渡って移動することになります。

Img_6185 日本橋川との合流地点からは、永代橋がよく見えます。

Img_6165 Img_6179 永代橋は、中央区新川一丁目と江東区永代一丁目を結んでおり、道路は永代通りと呼ばれています。地下鉄東西線がこの橋の地下を通っています。

もともと永代橋は、1698年、現在よりも上流の場所に架けられ、徳川幕府が末永く代々続くようにと命名されたそうです(異説あり)。当時は、深川の渡しがあった場所でした。

現在の橋は、1926年に完成したもので、ドイツのライン川に架かる鉄道橋をモデルにしたアーチ橋です。
同じドイツの橋をモデルにした清洲橋を優雅な女橋、この永代橋をどっしりとした男橋というイメージで造られたようです。

夜にはライトアップされ、その姿も美しいのですが、大震災以降、自粛しているのは残念ですが、仕方ないところでしょう。

|

« 【ミステリー】本格黄金時代の幕開け E・C・ベントリー「トレント最後の事件」 | トップページ | 祝・3万アクセス達成! »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/52507837

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】隅田川を歩く⑤ 隅田川大橋~永代橋:

« 【ミステリー】本格黄金時代の幕開け E・C・ベントリー「トレント最後の事件」 | トップページ | 祝・3万アクセス達成! »