« 【旅】国宝・犬山城 | トップページ | 【旅】大阪には変わらない日常があった »

2011年5月 4日 (水)

【旅】彦根城の天守閣に行ってきました

昨日に引き続き、名古屋から新幹線ではなく、在来線で西へと向かいます。

大垣で乗り継いで米原まで。クロスシートの車両はやっぱりいいですね。米原で駅弁を購入し、彦根にやってきました。

Img_5632 駅前には、井伊直政公の銅像がお出迎え。

彦根城は、GWと言うこともあって混雑。まずは、先ほど買った駅弁を食べる所はないかと探したところ、「花の生涯記念公園」では、弁当を広げる人の姿があり、そこでいただくことにします。

「花の生涯」とは、幕末の大老、井伊直弼の生涯を描いた舟橋聖一の小説で、NHKでドラマ化され好評を博し、それを記念して造られたのがこの公園であるそうです。もっとも、私の記憶にあるのは、NHKではなくその後民放で放映されたものですが。
井伊直弼は、桜田門外の変で、水戸藩の人物によって暗殺され、その生涯を閉じます。そのシーンが、「花の生涯」のクライマックスでした。

Img_5650 その井伊直弼の銅像を眺めながら、いただくのは、米原駅・井筒屋の「近江の味」です。井筒屋は、「湖北のおはなし」というヒット商品がありますが、これは京王百貨店駅弁大会でも販売されるので、地元でしか買えないものを選びました。

Img_5646 Img_5648 一見、何の変哲もない幕の内風弁当ですが、井筒屋の駅弁は、すべてのおかずに手抜きがなくおいしい、というのが駅弁通の評判です。煮豆に小エビがからんであるなど、細かいところで気を使っています。

さて、昨日の犬山城では空振りに終わったのですが、今日は時間もあることだし、絶対に天守閣に入るぞと意気込んだのですが、やはり大行列!
待ち時間90分の表示がありましたが、辛抱強く待つことにします。

Img_5659 待っている間に、彦根のキャラクター「ひこにゃん」が登場し、なごませてくれます。それにしても「ひこにゃん」の人気はすごい。地方では、地元独自のキャラクターがいろいろ登場していますが、人気、知名度ともにNo.1と言えるのではないでしょうか。

Img_56631 1時間ほど待って、やっと天守閣に入ることができました。

現存天守では当然の、急な階段を2回上った所が最上階となります。

Img_5682 Img_5687 最上階からは、琵琶湖を一望できます。

画像はまだまだありますが、収拾がつかなくなるので、このへんで。

徳川譜代大名筆頭として、権勢を誇った彦根藩主・井伊家の名宝を展示した「彦根城博物館」もあり、ゆっくり見て回るには、丸一日必要ですね。

各地の城を見て回っていらっしゃる方によると、ここは、松本城、熊本城などと並んで見ごたえがある城だとのこと。ここは皆さんにお薦めしたい名城です。

|

« 【旅】国宝・犬山城 | トップページ | 【旅】大阪には変わらない日常があった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

国宝4城の内彦根と犬山を見学されましたか。松本、姫路とともに国宝指定されている両城、GW中という事で賑わいを見せているようですね。戦前は名古屋や和歌山城なども国宝指定されていたようですが、県庁所在地でなかったのが幸いしてか、この4城は空襲を逃れたようです。
被災地に近い東京は電力節減のため、街がそんなに暗いんですか…こちらではヘルツ数が違う事もあり、それ程「灯火管制」はありませんが。

投稿: 稲口町 | 2011年5月 5日 (木) 17時18分

当然のように本日は、姫路城に行ってきました。その顛末は後でUPします。

投稿: 隅田川散歩 | 2011年5月 5日 (木) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/51577978

この記事へのトラックバック一覧です: 【旅】彦根城の天守閣に行ってきました:

« 【旅】国宝・犬山城 | トップページ | 【旅】大阪には変わらない日常があった »