« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

【東京】第33回・隅田川花火大会

ネタがない時は全くないのに、ある時は重なるものです。「隅田川」を無断借用(?)している以上、このネタを書かない訳にはいきませんね。

東京の夏の風物詩となった隅田川花火大会。今日は街でも浴衣姿の人を多く見かけました。
本来なら、浅草あたりまで行けばいいのですが、混雑する所はパスして、遠くから眺めることに。貧乏人のT君は、蔵前のマンションに住んでおり、よく見えるそうで、会社の人たちを招待していました。

Img_4812 隅田川に架かる清洲橋からの浅草方面の眺めです。ここからでも花火を見ることはでき、人が集まっていますが、さすがに遠すぎる。

そこで、隅田川テラスと呼ばれる河川敷を上流に向かって歩くことにします。

Img_4835 新大橋付近です。隅田川は、海水が逆流するので、満潮時にはこのようにテラスまで川の水が上がって来ることがあります。ここからでは、低すぎて花火は全く見えません。

Img_4822 両国橋近くの、人が集まっている場所にやってきました。ここからならなんとか見えます。両国橋からはよく見えるようで、車両は停車しないよう呼び掛ける声がさかんに聞こえます。

Img_4818 右手にあるマンションが邪魔にならない所まで来ました。

カメラを高感度に切り替えますが、一瞬なのでなかなか難しい。

Img_4825 本当はもっときれいに花開いた瞬間を撮りたかったのですが、どうしても遅れてしまう。プロのカメラマンのようにはいきません。機材も違いますし。

ところで、花火の知識をひとつ。
隅田川花火大会の起源は、1733年、八代将軍吉宗が、大飢饉の犠牲者の慰霊と厄除けのために水神祭を行い、両国で花火を打ち上げたとされています。

花火の打ち上げの際の掛け声、「たまや~」「かぎや~」というのは、江戸時代に活躍した玉屋、鍵屋という花火屋の屋号で、玉屋は両国広小路、鍵屋は日本橋横山町にありました。
玉屋は、鍵屋からの暖簾分けで開業しましたが、庶民の人気は高く、当時の浮世絵にも玉屋の花火船ばかりが描かれています。鍵屋が幕府御用達だったのに対し、玉屋は庶民派だった訳です。その後、玉屋は失火により廃業に追い込まれてしまいますが、庶民の人気が高かったことから、「たまや~」の名前が残ったということです。(出典:ロム・インターナショナル編「東京を江戸の古地図で歩く本」河出書房)

隅田川花火大会は、幕末の動乱や第二次世界大戦、戦後には警備の問題でたびたび中止されています。昭和36年までは「両国の川開き」の名で行われていましたが、交通事情の悪化から中止され、場所を上流に移して現在の「隅田川花火大会」となったのは、昭和53年と、意外と新しいもので、今回が第33回となります。

江戸からの伝統を引き継ぐこの催しは、ぜひとも後世に伝えていきたいものです。

※ 貧乏人のT君から画像が届きましたので追加します。

100731_193110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【駅弁】新発売!新杵屋「牛肉どまん中 しお」

ブログの更新が滞りがちなので、ネタを求めてデパ地下へ。
三越日本橋本店の地下で、思わぬ収穫がありました。

遠くから「駅弁マーク」が見えたので、「なんだろう?」と思い行ってみると、アノ有名駅弁の横に、見慣れぬ商品が・・・。

Img_4798 超有名駅弁「牛肉どまん中」の調製元の米沢駅・新杵屋が新作を発売したとのこと。その名も「牛肉どまん中 しお」。おなじみのパッケージの形ですが、色は濃い青色です。

Img_4803見た目は、従来の「牛肉どまん中」となんら変わりませんが、コショウの小袋が付いています。

Img_4805中身を見ると、タレがからめてある従来の商品より薄い色です。 細切れの牛肉とそぼろが乗っているのも同じです。

細切れ肉の味は、文字通り塩で味付けられており、あっさりとしていて、タレ漬けよりも和牛本来の味が生きている感じです。 夏向きには、このあっさり感がいいかも知れません。
問題はそぼろのほうで、淡泊すぎて何を食べているかわからないくらい。そぼろは、やはり多少味付けが濃いほうが向くのでしょう。

売り場の方は、地元から来られたようで、まだ新幹線でも「駅弁屋旨囲門」でも売っていないそうで、関東地区では先行販売とのことでした。三越での販売は8/2までです。

いずれは、あちこちで販売されることになるでしょうが、一足先に味わいたい方は、三越日本橋本店までぜひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

【東京】首都圏の鉄道の混雑率は

夏本番です。昼間、外に出歩くと暑さにまいってしまいます。

ただ、現在は、東京にいながら徒歩通勤という、ある意味幸せな身分であります。この暑い中、満員の通勤電車に乗らなくていいだけ、マシな生活をしていると言えるでしょう。
東京での住処を決める際、電車が混まないというのも重要な条件としましたが、これが正解。今後、東京に出てくる予定の方、沿線の混み具合を調べてから決めたほうがいいですよ。

ところで、首都圏の鉄道の混雑率はどのような状況なのか調べてみました。国土交通省発表の平成20年度のものです。首都圏の主要31路線のうち、各路線でもっとも混雑する区間の混雑率を高い順に並べてみます。(数字は%)

① JR京浜東北線 上野➝御徒町  209

② JR総武線緩行 錦糸町➝両国  204

③ 東京地下鉄東西線 木場➝門前仲町  199

④ JR中央線快速 中野➝新宿  195

⑤ 東急田園都市線 池尻大橋➝渋谷  193

⑥ JR東海道線 川崎➝品川  191

⑥ 小田急小田原線 世田谷代田➝下北沢  191

⑧ JR横須賀線 新川崎➝品川  183

⑨ JR総武線快速 新小岩➝錦糸町  181

⑩ 東京地下鉄千代田線 町屋➝西日暮里  180

ここでいう混雑率とは、車両の標準定員に対する乗車人数のことで、標準定員は、車両面積を一人あたりの占有面積(ロングシートの場合0.35㎡)で割って算出するそうです。
国土交通省のデータは、各路線でもっとも混雑する1時間の平均となっています。

このランキングを見て、まず「アレッ」と思ったのは、山手線が入っていないこと。国土交通省のデータでは、平成18年までは山手線の上野➝御徒町がワースト1でしたが、なぜか平成19年からは山手線が主要31路線からはずされています。並行する京浜東北線と同一視したとも考えられますが、同時にランクインするはずの埼京線や武蔵野線もはずれているのはなぜかわかりません。
ランキングにJRの路線が並ぶのを避けるために意図的にはずしたのか、と勘繰りたくなります。

これを見ると、郊外の住宅地から徐々に乗車客が増えていき、都心に近くなった所で最高潮に達することがわかります。ただ、各路線ともに、最混雑区間が終点ではない(田園都市線は渋谷から地下鉄半蔵門線に乗り入れるため渋谷が終点ではない)ことから、主要な乗り換え駅でかなりの降車があるということでしょう。

これでも首都圏の混雑率は緩和されたようで、昭和40~50年代は、もっとひどかったようです。新路線の開通、車両の更新や時差通勤の増加などによって、通勤事情は良化しています。今後は人口減少に向かうので、これ以上悪化することはないと思われますが、人口が減少しても首都圏の住民は減らないという見通しもあり、予断を許しません。

そういえば、私が学生の頃は、まだ完全冷房化はされていなかったように記憶しています。昔は、車両に冷房もなかったわけですから、夏などはまさに「通勤地獄」だったことでしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

【駅弁】和牛駅弁あれこれ③

和牛を使った駅弁の紹介、第3弾です。

前2回は、ブランド牛として名の知られたものを紹介しましたが、日本には、各地に特産の和牛があります。今は口蹄疫で大変な騒ぎになっていますが、宮崎牛を東国原知事が売り込みに来た時は、高島屋に長蛇の列ができたそうで、地域特産の和牛というのは、駅弁においても特色を出すうえで、最適の素材でありましょう。
今回は、知名度では劣るものの、素材としては決して有名ブランド牛に劣らない和牛を使った駅弁を紹介します。

Photo 一関駅・斉藤松月堂「特製前沢牛ローストビーフ弁当」です。

前沢牛は、旧前沢町(現奥州市)の特産で、A4~5、B4~5の等級に格付けされたもののみ名乗ることができ、JA岩手ふるさとの登録商標になっています。
この駅弁は、その前沢牛をローストビーフに仕立てたもので、前沢牛の味とタレの絡み合いが絶妙です。ローストビーフの駅弁というのは珍しいですが、冷めてもおいしいことが、駅弁の条件とするなら、正しい姿勢と言えるでしょう。

東京駅の「旨囲門」でいつでも買えます。今年の京王百貨店の駅弁大会にも出品されましたが、苦戦している様子でした。前沢牛というブランドの知名度の低さによるものと推測されますが、駅弁によって、もっともっと全国に知られるようになってほしいものです。

斉藤松月堂には、加熱式の「前沢牛めし」もあります。また、一関駅には、もう1社、あべちうもあり、こちらも前沢牛を使った駅弁を販売しています。いずれも「旨囲門」で販売されているので、行ける方はぜひ。

Photo_2 塩尻駅・カワカミの「信州牛和風牛肉弁当」です。昭和の頃から売られているロングセラーになります。

信州牛は、もちろん信州で肥育された和牛ですが、「信州牛生産販売協議会」の会員のみに命名が許されているようです。「りんごで育った」というのが謳い文句になっています。
この駅弁は、味付けが薄めで、和牛の味がストレートに表現されています。

他に信州牛を使った駅弁として、小諸駅・ひしや弁当店に「信州牛のすきやき弁当」が、長野駅・吉美に「牛めし弁当」があります。

Photo_4 松江駅・一文字家の「島根牛みそ玉丼」です。今年の京王百貨店駅弁大会に出品され、大人気でした。

この駅弁屋さんには、「およぎ牛弁当」いう人気商品もあり、山陰という、和牛のイメージが湧きにくい地域の知名度アップに一役買っています。

Photo_5 九州は新八代駅・より藤の「肥後牛弁当」です。

実はこの弁当、平成21年の京王百貨店駅弁大会でひっそりと売られたもので、この駅弁屋さんの人気駅弁「阿蘇赤うし」の高級バージョンという扱いでした。その証拠として、「阿蘇赤うし」の掛け紙に「肥後牛」のシールが貼られています。価格は1260円でした。

京王以外でこの弁当が売られたかどうかは不明ですが、この弁当は絶品とも言える出来でした。肥後牛を常時使うのは困難なのかもしれませんが、ぜひとも販売してほしい弁当です。

全国には、各地にすばらしい和牛が存在しており、それはわが国が世界に誇れる食文化と言っても過言ではありません。駅弁屋さんには、こういった和牛を使用した駅弁をもっともっと販売していただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

【グルメ】東京デパ地下物語④~中華弁当編

中華料理は、わが国ではもっともポピュラーな外国料理であり、全国どこの町に行っても中華料理屋はあるものと言っていいでしょう。

ただ、中華料理というのは、温かい状態で食べるものというのが常識であり、これを弁当に仕立てるということは、意外と少ないものです。本国でも、温かいご飯を食べるのが常識のようです。以前聞いたところによると、ある人が中国人を招いて高級な仕出しを提供したところ、箸をつけるのをためらっていたので、理由を聞くと、冷たいご飯というのは、中国人にとって屈辱的なことであるとのこと。日本語でいうところの「冷や飯を食わされる」といったところでしょうか。もっとも、最近は日本文化も普及し、寿司やコンビニのおにぎりなども受け入れられているそうです。

駅弁においては、あまりに有名な、横浜・崎陽軒の「シウマイ御弁当」がありますが、これはメインのシウマイを除くと和風と言ってもよい内容です。崎陽軒には、「横浜中華弁当」や「横浜炒飯」などの中華弁当はありますが、「おべんとう」など和風弁当より人気が低いようです。あとは、熊本・音羽家などに中華弁当がありますが、中華料理がこれだけ定着しているにしては数が少なく、やはり中華料理は弁当には仕立てにくいようです。

デパ地下には、通常一か所は中華コーナーがあります。たいていは各種中華総菜が売られており、持ち帰ってレンジにかけるのが一般的でしょう。(貧乏人のT君、だから電子レンジは必需品なのだよ)その中に、複数の総菜を組み合わせた弁当も売られています。

Photo 日本橋高島屋本店の「中華名菜 銀座アスター」の「中華弁当」です。

銀座アスターは、中華の名店として有名ですが、ここ日本橋高島屋にも、本格中華の総菜が揃っています。店にはなかなか行けませんが、ここの総菜でも十分満足できます。

この弁当は、シュウマイ、酢豚、チンジャオロースー、エビチリとおなじみの中華料理の組み合わせで、これに白米のご飯が付いて1000円とお買い得です。もちろんレンジで温めて食べました。

Img_4764 こちらは大丸東京店「上海デリ」の「中華爛漫弁当」1100円。

「上海デリ」は、デパ地下ではおなじみの柿安(こちらを参照)の経営で、その名のとおりデリバリーを前提とした商品を販売しています。この商品は、数ある弁当の中でNo.2だそうです。

ご飯はチャーハン。チンジャオ、エビチリ、唐揚げ甘酢など定番の他に、イカチリマヨネーズが絶品です。こちらはもやし和えや春雨サラダなど、冷たいままで食べる物が入っており、レンジにかけるのをためらいます。デリバリー専門なので、冷めてもおいしい工夫がされているようです。それでもレンジにかけましたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »