« 【東京】生きている商店街~戸越銀座 | トップページ | 【ミステリー】「金田一少年の事件簿」考察 »

2010年3月16日 (火)

【グルメ】東京デパ地下物語①~ステーキ弁当編

デパートの売上の減少が深刻な状況にあるようです。先日も伊勢丹吉祥寺店が閉店しましたが、他にも閉鎖予定の店舗があり、今後、合理化や業界全体の再編が続くことと思われます。

これほど人が集まる東京の繁華街にしてこの状況では、地方は推して知るべしなのでしょう。紳士服売り場など、客より店員の数のほうが多いのでは、と思わせることがあります。

そんな中、デパートの再生の鍵を握っているのが、いわゆる「デパ地下」、地下の食料品売り場でしょう。デパートでは、催し物を最上階で行い、階下の売り場にもその影響を及ぼすことを期待するのが恒例となっていますが、これを「シャワー効果」と言うのだそうです。
それに対して、地下の食料品売り場から上階に影響することを期待して、「噴水効果」という言葉が使われるようになりました。もともと、京王百貨店新宿店が、高島屋の新宿進出に対抗して、ターミナル駅に隣接している利点を生かして、デパ地下戦争を仕掛けたということです(異説あり)。

ここ数年のデパ地下の充実ぶりは目を見張るものがあります。しかも、従来の家族向けだけでなく、単身サラリーマンやOL向けに一人用の総菜や弁当が多いことも特徴です。また、昨今のデフレの影響からか、名店といえども千円前後の値段のものが目立つのも、買いやすい理由でしょう。

かくいう私も、ときどきデパ地下で弁当類を購入します。最近は、男性の姿も多く、主婦層の独壇場だった時代とは隔世の感があります。こうした層を取り込むことも、デパートにとって課題でしょう。

デパ地下では、うろついた揚句、「浅草今半」や「まい泉」といった無難な有名店に落ち着くことが多いのですが、これほど多くの名店が出店しているのですから、目移りがして困るのが現状です。ここでは、これまでに購入したデパ地下グルメを紹介します。
なお、購入時期が古いものもあり、現在は売られていないものもあるかも知れませんが、ご了承ください。

Photo_2  大丸東京店に出店している「銀座四丁目スエヒロ」の「炭焼きステーキ弁当」です。ステーキの名店が作る弁当で、ステーキ丼タイプのものはスーパーなどでも売られていますが、ここの商品はその高級バージョンと言えるでしょう。弁当は数種類あり、この商品は1,575円。やや高めですが、ステーキなので仕方がないところです。
大丸東京店は、東京駅に隣接した絶好の立地だけに、時間が遅いと売り切れもしばしば。東京に来られた方にも買いやすい場所です。

Photo_3 同じスエヒロの「炭焼き和牛ステーキ弁当扇」です。こちらは和牛と銘打っている通り、ここでの最高級弁当です。2,100円。ステーキの量は少なめですが、和牛だけに仕方がないところでしょうか。

ステーキは、冷めると味が落ちるためか、弁当には仕立てにくいようで、デパ地下でもあまり見かけません。そんな中、このスエヒロに対抗する商品を見つけました。

Photo_4 三越銀座店「ステーキ亭」の「ヒレステーキ弁当」。ヒレステーキがびっしり敷かれています。1,470円ですが、この日は閉店間際で半額!。
弁当には、冷めても固くならず、脂がないヒレ肉が向いているようです。量、質、値段ともに納得の一品です。

今半をはじめ、すき焼、焼き肉タイプの弁当は多く見かけますが、ステーキを弁当に仕立てるという挑戦に拍手を送りたいと思います。

|

« 【東京】生きている商店街~戸越銀座 | トップページ | 【ミステリー】「金田一少年の事件簿」考察 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/47830779

この記事へのトラックバック一覧です: 【グルメ】東京デパ地下物語①~ステーキ弁当編:

« 【東京】生きている商店街~戸越銀座 | トップページ | 【ミステリー】「金田一少年の事件簿」考察 »