« 【ミステリー】江戸川乱歩の計り知れない功績 | トップページ | 【駅弁】都内にいても買える駅弁 »

2009年10月31日 (土)

【東京】23区の再編はあるのか

3日間、ブログ更新ができず、もうネタ切れか?と思われるのもシャクなので、あまり面白くない東京23区の話。

職業柄、月末になると、税務署に行くことが多いです。この東京の税務署、1つの区に2か所あるところが結構あります。千代田区は麹町と神田、中央区は日本橋と京橋、港区は芝と麻布といった具合です。
なぜこのような所在地になっているのかと、初めは不思議な気がしていたのですが、東京の区部の変遷を知って納得しました。

東京に区が編成されたのは、1878年(明治11年)のことで、当初は15区でした。1889年(明治22年)に15の区部をもって東京府東京市となりました。当時の東京市は、現在の千代田、中央、港、文京、台東の各区と新宿、墨田、江東の一部のみでした。当時は、渋谷も池袋も品川も、新宿の中心部も東京市ではなかったわけです。

その後、1923年(大正12年)の関東大震災で大打撃を受けた東京市は、人口で大阪市に抜かれることになります。そこで、1932年(昭和7年)、当時町村だった地域を東京市に編入し、35区となりました。そして、戦時中の1943年(昭和18年)都政が施行され、東京都直轄の行政区としての35区となります。現在の23区に再編されたのは、戦後の1947年(昭和22年)のことで、この時に、地方自治法による特別区となっています。税務署は、この35区時代にできたために、その名残が残っているわけです。

現在の23区となってから、すでに60年以上が経過し、再編が議論されています。たしかに現在の区部はかなりいびつになっており、中心部の千代田区は4万5千人、中央区は11万5千人しか住民がいません(これでも最近増加した)。一方、世田谷区は86万人、練馬区は71万人と人口が膨れあがっています。世田谷区などは、再編なら市政を施行し、政令市になると主張しているほどです。

こうした状況下で、東京都は区をまたいで行政機関を統合するなど、合理化を進めていますが、各区の思惑もあって、再編の本格的議論には至っていないようです。

最近は、都心回帰現象が起きており、都心に近い地域にマンションがどんどん新築されており、少しずつ人口も増え始めています。これから首都東京はどのように変貌していくのか、見守りたいと思います。

|

« 【ミステリー】江戸川乱歩の計り知れない功績 | トップページ | 【駅弁】都内にいても買える駅弁 »

東京」カテゴリの記事

コメント

東京は警察署も区割と管轄がずれてますよね。名古屋は、多分他の都市も、区毎の管轄ですね。わかりやすさからも、区毎に統合すべきですね。
ついでに言うと東京の警察だけ警視庁で 、他は道府県警察本部 。わかりやすさからこちらも東京都警察本部とすればわかりやすいのに。

投稿: 稲口町 | 2009年10月31日 (土) 20時30分

警察のことはよくわかりませんが、秋葉原の万世橋署とか日本橋地区の一部(私の住所地の管轄)の久松署とか、なぜかよくわからない所にあるのは事実です。
警視庁は関東管区警察局には所属せず、トップも本部長ではなく、警視総監と呼ばれ、総理大臣の承認が必要、といった違いがあるようですね。確かに、警視庁を国の機関と勘違いしている人もいるようなので、名称は紛らわしいですね。
ちなみに、イギリスのスコットランドヤードは、ミステリーによく登場しますが、首都の警察ということもあって、「ロンドン警視庁」と翻訳されることが多いようです。

投稿: 隅田川散歩 | 2009年10月31日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546626/46633677

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】23区の再編はあるのか:

« 【ミステリー】江戸川乱歩の計り知れない功績 | トップページ | 【駅弁】都内にいても買える駅弁 »